ボンキュート

育乳とは?


グラビアアイドルやタレントさんの活動が活発になり、いつの頃からか、世間では女性のバストは大きい方が魅力的だというイメージがあります。

 

そんな中、最近、育乳という言葉を耳にすることが増えましたが、育乳とは一体、どのようなことなのでしょうか?

 

その意味は言葉が示す通りバストが大きくなるように育てることです。

 

バストの大きさは遺伝で決まるとあきらめている人もいると思いますが、それは間違いです。
バストの大きさは女性ホルモンや成長ホルモンの影響を受けており、生活習慣や生活環境を変えることでバストを理想の大きさへ育てることができるのです。

 

最大に効果が出る育乳期間は、思春期〜20代前半ですが、それ以外でも育乳は年齢を問わず実践できますし、効果を得ることができますが、どちらにしても実践が早ければ早いほど、効果も現われやすいといいます。
育乳に関する製品も多く販売されています。
最近特に注目されているのは夜ブラです。

 

寝ている間に育乳ができるというので手軽さが人気です。
しかし育乳で一番大切なのは正しい知識を身につけることです。

 

ボンキュートのようなバストアップサプリを服用しつつ正しい育乳方法さえみつければ、理想のバストサイズに早く近づけるかもしれません。

 

育乳グッズを購入するだけが育乳じゃない

育乳するというと、ボンキュートなどのでバストアップグッズを購入しないとできないようですが、実はそうではありません。
普段の生活の中に、ちょっとした事を加えるだけで、できるのも育乳です。

 

例えば、毎日の入浴にアロマオイルを数滴たらすだけでも育乳はできます。
アロマの効果は私たちに様々な効果をもたらしてくれますが、バストアップにも効果を望むことができます。

 

アロマテラピーに用いられるエッセンシャルオイルの中にはバストアップ効果に大きな影響を与える女性ホルモンのバランスを整えたり、女性ホルモンと同じはたらきをするものもあります。

 

例えば、女性ホルモンの乱れには、ストレスを感じたことによって、分泌されるコルチゾンというホルモンが影響していることがあります。
コルチゾンは他のホルモン分泌を妨げる存在です。
これを阻止するためにアロマ用いてリラックス効果を得ることは女性ホルモンのバランスを整えることにつながるのです。
用いる香りは自分が好きな香りが中心となるため、手軽に摂り入れることができるのではないでしょうか?

 

その他に、女性ホルモンのエストロゲン分泌に作用する香りには、イランイランやクラりセージ、ゼラニウム、ネロリ、フェンネルなどがあります。
アロマを楽しむには、デフューザーやキャンドルなどを使用する方法や、ハンカチなどにオイルを垂らしてポプリのように使用する方法、スキンケアなどに用いる方法などがありますが、浴槽に垂らして使用する方法は全身の毛穴からアロマの効果を取り込めるのでオススメです。

 

このように、育乳でボンキュートを購入した人は、ボンキュートだけに頼らず、アロマの効果を生活の中に加えるとより効果的にバストアップできます。