ボンキュート

育乳している女子増加中

これまでにバストを大きく見せるグッズはいろいろと販売されていました。
分厚いパットや補正下着というものはその代表であり、数多くの女性が試してきたことでしょう。
いわゆる盛るという方法ですね。

 

でも、実際の大きさと違うというのは詐欺ではないか?という発言も多く聞かれていますし、女性としても下着を着けた時と外した時のサイズが大きく違うのは寂しいものですよね。
そこでバスト自体を大きくするという発想が広まっています。

 

インターネットで【育乳】というキーワードを入力すると、ズラリと育乳に関するアイテムやサプリメントなどが並んでいます。
バストアップサプリも多数あり、いったいどれを選んでいいかわかならないほど
それだけ育乳興味を持っている人や実際に行っている人が多いということなのでしょうね。

 

同様にバストアップというキーワードもダイエットなみの検索数になっています。
今時女子が盛らずに本物の胸の大きさで勝負したいという傾向が強くなっているということかもしれません。

 

女性の多くが憧れる美しいラインをもつセクシーボディです。
豊満なバストと引き締まったくびれは女性の美しさの象徴ですし、ファッションの幅も大きく広がっていくことでしょう。
そして何よりもこれまでコンプレックスだった自分のバストが育つことで自分に自信を持つことができることは言うまでもありません。

 

そんな、ボンキュッボンを目指す女性のために生まれたボンキュートは、出るところをだし、出てな欲しくなりお腹はひっこめるダイエット効果があるので、育乳女子に人気があるのもうなづけます。

 

ある育乳女子のバストアップ術

学生時代はAカップのブラジャーが浮いてしまうほどの貧乳でした。

 

胸の大きい友達にバストの悩みを打ち明けたところ、鶏の唐揚げを食べたら大きくなるよとのこと。
ただ、毎日食べるわけにはいかないので、鶏肉料理を食べるようにしていました。

 

そして、後々調べたところたんぱく質を一日の摂取量を満たすことがより効果的で、特に動物性のたんぱく質を取る方が良いようです。
鶏肉以外にも赤身の牛肉やお魚(特に赤身の魚、マグロなど)もバストアップに効くとのこと。
私はお腹周りや脚等バスト以外が太ることを恐れて豆乳を飲んだり大豆製品をたべたりして植物性のたんぱく質ばかりを取るようにしていました。
しかし、それでは効果はあまりなくむしろお肉をしっかり食べて適度に運動をした方がメリハリのある体を作ることができるのだと思いました。

 

高校時代の保健の先生が言っていたのもあるのですが、特に成長期に過度な食事制限によるダイエットをすると胸に必要なお肉がつきにくくなるとか。やはり、バランスの取れた食事と適度な運動が大事だと思います。

 

あと成長期にバストも成長してもらおうと睡眠もしっかり取り成長ホルモンの分泌を促しました。
大学に入ったのでバイトをし始め、バストアップサプリを購入し飲むようになりました。
せっかくなので猫背だった姿勢も治し、正しい姿勢が癖になったころにはハリのあるバストになったように思います。
私の知る限りの育乳を行ってきた結果、大学生のころにはバストサイズがAカップからDカップになってました。