ボンキュート

睡眠不足がバストの発達を妨げる理由

睡眠不足は、からだやこころに様々な悪影響を与えるものですが、バストの発達にも関係しているということをご存知でしょうか?

 

バストが大きく育つためには、乳腺を育てる必要があります。
乳腺は、赤ちゃんに母乳を飲ませるために不可欠なものですが、乳腺が発達すれば、これを守ろうとするために脂肪がつくため、バストが大きくなるというわけです。

 

では、乳腺を発達させるにはどうすればよいかというと、女性らしい体型を作るための女性ホルモンであるエストロゲンのはたらきを促す必要があります。
不足になると、自律神経が乱れてしまったり、脳が正常なはたらきをすることができなくなってしまいます。
女性ホルモンの分泌はこのような影響をすぐに受けてしまい、十分にバストを育てることができなくなってしまう原因になります。

 

また、睡眠時間が長くても質の良い睡眠を取ることができない場合にもホルモン分泌に大きな影響が出てしまう可能性があるため、ぐっすり眠ることができる環境を整えることはバストの発達には必要不可欠だといえるでしょう。

女性ホルモンの分泌と睡眠の関係

女性の心身の健康や美しさなどを司っている女性ホルモンの分泌は、生活習慣と大きな関係があります。
特に睡眠とは密接であり、睡眠時間だけでなく睡眠の質も重要なんです。

 

女性ホルモンは、卵巣から分泌されていますが、このコントロールをしているのが脳の視床下部や下垂体です。
女性ホルモンは眠っている間に分泌されているということは広く知られていることです。

 

これを示すのが「お肌のゴールデンタイム」という言葉です。
夜22時〜深夜2時に睡眠時間を取ることで女性ホルモンをしっかりと分泌してお肌を整えましょうという考え方であり、女性同士の会話でもよく使わていました。
しかし、最近になって入眠後3時間〜4時間後にホルモンが分泌されるということが定説化されてきました。
つまり、時間にとらわれずに、女性ホルモンが分泌される入眠から3〜4時間、しっかりと熟睡できる環境「質の良い睡眠を取ること」が必要だというわけです。

 

いずれにしても睡眠不足は女性ホルモンの分泌を妨げる生活習慣であることは変わりありません。
寝不足を避るようにすることが一番だということですね。