ボンキュート

陸上選手のバストが小さい理由

テレビで目にする女子陸上選手の大会で、バストが小さい選手が多いことが気になったことはありませんか?
特にマラソン選手が胸を揺らしているなんてシーンはなかなかないような気がするのですが、これは何故でしょうか?

 

それは、バストが脂肪で構成されているからです。
そのため、使用したエネルギーを補うためにバストの脂肪も燃焼していくのです。
大きな大会に出場する優秀な選手であれば、相当な練習を積むはずなので、エネルギー消費が激しく行われ、バストの脂肪も燃焼されているというわけです。

 

一般的な話でも、ダイエットをすると、バストが小さくなってしまったという話はよく耳にすることですし、当然といえば、当然のことなのかもしれません。

 

また、走っている時に胸が揺れないようにと運動用のブラジャーを使用してバストを抑えていることも、育乳の上ではタブーです。
常に締め付けられることに慣れて、萎縮してしまうことは、バストを小さくしてしまう環境であるといえるのかもしれませんね。