ボンキュート

ピルにバストアップ効果はあるの?

ボンキュートを始める前に、ピルでバストアップしようか?と迷った方もいるかもしれません。
女性であれば誰しもバストの大きさを気にするので、悩みが深いと薬に頼ってしまいたい気持ちになりますよね。
特にボーイッシュなバストの場合は、それがコンプレックスとなってしまうことも少なくありませんから。

 

バストアップの悩み解決で検索すると必ずピルが効果を示すという情報があります。
ピルといえば避妊や生理をコントロールする薬として知られていますが、日本ではあまり良くないイメージがありますよね。

 

実際、その真相はどうなんでしょうか?
ピルは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が含まれており、これを服用することでホルモンバランスをコントロールすることができます。
2つのホルモンのうち、バストに関係があるのはエストロゲンです。

 

エストロゲンには、乳腺の発達を促進する作用があります。
乳腺が発達すると、それを守るためにバストの脂肪細胞が増えていきます。
そのため、エストロゲンが含まれているピルを服用するとバストが大きくなるといわれるようになったのです。

 

しかし、大きくなったバストを維持するためには、ピルを飲み続ける必要があります。
ですから、避妊もバストアップも視野に入れてピルを飲むのであればとても有効な手段かもしれません。
それに比べ、植物性の女性ホルモンで作られているボンキュートならば、飲み続けてもピルのようなリスクは現れないので、飲み続けるという点から言うとボンキュートの方が安心です。

 

バストアップ効果だけで考えると理論上は自然なバストアップをもたらすエストロゲンをそのものを服用することでバストアップは可能だと考えられますが、個人差もあるため、すべての人に当てはまるとは言えないようです。

 

先程も少しふれましたが、ピルは薬ですので副作用は当然あります。
低用量ピルの服用だと副作用は少ないといわれていますが、ピルには血栓やガンなど副作用とは異なるリスクがあります。
副作用のリスクを取るかボンキュートのようにリスクがピルより低い植物性の女性ホルモンでバストを大きくするか意見が分かれるところです。

 

しかし、正しく服用すれば副作用がほぼない植物性の女性ホルモンを含むボンキュートでバストアップをまず試してみて、それでも満足いく結果が出なければ、リスクを分かったうえでピルを服用してみても遅くはないかもしれません。