ボンキュート

豊胸手術のメリットとデメリット

豊満なバストや美しい形のバストがどうしても欲しいなら、豊胸手術をすればそれを簡単に手に入れることができるわけですが、この手術にはメリットもデメリットもつきものです。

 

メリットとして考えられるものは、自分の望むバストサイズを手に入れることができるということです。
特に日本人に多い外向きバストをお茶碗の形のバストにするなど自分のイメージ通りのバストを手にいれられます。
これによってこれまで抱いていた外向きバストや貧乳などのコンプレックスも解消することができるので、精神的にも明るくなるかもしれません。
最近では医療技術の進歩に伴い、手術方法もいくつかあるため、自分に適した方法を選択することもできるようになりました。

 

しかし、豊胸手術を受けるためには、一般的に数十万の費用が必要になってきます。
また、インプラントや脂肪注入などをからだに入れることによって違和感や痛みを感じることも考えられます。
さらには技術不足の医師による施術は不自然な形になってしまったり、傷が残ることなども考えられるため、病院選びは慎重に行うべきだといえます。

 

また、乳がんのリスクがない訳ではないのです。
妊娠・出産を経て乳腺が発達する母乳を与える時にリスクがあるとも言われています。

 

豊胸手術は簡単にバストアップできる代わりに、ボンキュートや矯正下着とは比べられないくらいの高いリスクを伴う可能性があります。

 

ですから、豊胸手術をする前に、ボンキュートなどのサプリメントをチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

豊胸手術に乳がんのリスクはないのか?

 

女性にとってふっくらと大きなバストは憧れのひとつでもあります。
そのため、自分のバストをコンプレックスに感じて豊胸手術を行う人も少なくありません。
しかし、豊胸手術は、脂肪やシリコンパック、ヒアルロン酸など、バストに何らかのものを入れることになります。

 

これらのものによって乳がんのリスクが高くなることはないのでしょうか?

 

実は、現在の医学においては、豊胸手術と乳がんの関係性は立証されていません
というのも、乳がんの発生原因は乳腺の細胞が悪性化することであり、豊胸手術が乳腺組織事態に悪影響を与えるということがないからです。
しかしその一方で、マンモグラフィー検査において、シリコンパックが破損する恐れがあるために、断られる場合もあるようです。

 

また、豊胸手術をしているということを知られたくないということから乳がん検診を拒む人もいるようです。
これらのことは、乳がんの早期発見を阻むものであり、専門医を受診することで解決することもできるので、相談してみることが大切です。

 

脂肪注入による豊胸手術のメリットとデメリット

脂肪注入による豊胸手術は、シリコンを使用した方法よりも安心感が高いので人気があります。

 

胸のサイズを大きくしたいという人の中には、脂肪を注入することでバストアップをしたいという人が少なくないようです。
身体を構成する物質と大きくかけ離れたものを体の中に入れることが、シリコンを使って豊胸手術をする時のネックになります。
豊胸のために脂肪注入をするというやり方は、どこに利点と欠点が存在しているのでしょう。

 

脂肪注入法による豊胸手術は、どのような仕上がりになるか、どんな人がその手術に向いているのかなどを、あらかじめ確認してみてください。
納得のいく結果を得るためにも、施術の内容を把握した上で、手術料金はどのくらいが適正値なのかなどをチェックしておくといいでしょう。
豊胸手術をした後になってから、こんなはずじゃなかったと後悔しないためにも、事前のカウンセリングを受けることも必要です。

 

豊胸のために脂肪注入を用いる方法は永続性がありませんので、どの程度効果が続くかわかりません
体の中に注入された脂肪は、時間の経過につれてだんだんと吸収され、体の一部になってしまうので、豊胸効果がある期間は限られているのです。
脂肪を注入した直後の段階で、体内にしばらく残っている脂肪と、すぐに分解されてしまう脂肪の量は、注入しないとわかりません。
脂肪を注入したら、注入した分だけバストサイズが増えればいいのですが、事前に推測をすることは非常に困難です。

 

バストアップに伴うリスクや、手術の前に知っておくべき事を把握した上で、脂肪注入による豊胸手術を受けてください。

豊胸は脂肪注入による手術によって行われる方法

バストアップのために脂肪注入を行う場合、気をつけたいことがあります。

 

バストを大きくするために脂肪を注入したはずが、脂肪が分解されてしまう可能性もあるようです。
胸のサイズを大きくしたいから注入したはずの脂肪が、体の中に吸収されてしまえば、豊胸効果が十分に得られません。
または、ある程度は吸収されるだろうと思って多めに脂肪を注入したら、豊胸効果が現れすぎてしまうケースもあるようです。
バストを大きくするに当たって、目標のサイズが明確な人は、脂肪注入は期待通りにいかないことがあります。

 

脂肪注入による方法では無く、シリコンによる豊胸手術の方が術後の効果を予想しやすいので、向いていると考えられます。

 

脂肪注入に用いる脂肪は、自分の体の皮下脂肪から採取します。
そのため、もともとの脂肪がない人は、脂肪注入をすることができません。
胸のサイズを大きくするために脂肪を注入することを希望しても、注入するための脂肪がない限りは、手術ができないわけです。
もしも、豊胸に脂肪を使うことを望むなら、脂肪は300ccくらいはいるようです。

 

脂肪の量が多くない人は、バストサイズを大きくするための脂肪を準備することができないので、他の方法を選ぶことになります。
アンダーバストの、ぱっと見にはわからないような場所に手術の傷跡が残りますが、ほどんど目に付かないような場所になります。
切開する場所は数ミリ程度のものなので、傷跡そのものも時間の経過と共にほとんど分からなくなります。

脂肪注入によって豊胸手術をする時には

どんな人なら、脂肪注入による豊胸手術の効果が期待できるものでしょう。

 

注入した脂肪分のバストアップ効果が得られる人とは、胸回りの皮膚が伸縮しやすい人だといいます。
注入された脂肪に対して、血管が新しくつくられ、脂肪細胞を維持するために必要な酸素や、栄養成分が届く状態にならなければ、脂肪はすぐに分解吸収されてしまいます。
血管とつながることができなかった脂肪は、体に吸収されて無くなってしまいます。

 

バストアップの作用があまり得られない人とは、脂肪を注入したあたりの皮膚がかたくなっている人です。

 

ダイエットや、授乳をしたことがあって、かつてバストサイズが変わったことがあるという人は、皮膚が伸びやすく脂肪が残りやすいといいます。
一度に全部の脂肪を注入するのではなく、段階的に手術をするほうが、体に多くの脂肪が定着します。

 

より多くの脂肪が体に定着するようなやり方で脂肪注入をしたほうが、結果的にはバストを大きくできるといいます。
注入する脂肪の質をよりよいものにすることも、定着量を増やすためには重要です。
脂肪吸引で採取した脂肪には麻酔液や血液が付着していたり、破壊された脂肪細胞も混ざっているので、効果にも差が出てしまいます。
余計な物質が混ざっていない、完全な状態の脂肪細胞を胸に注入することができるようにしなければ、定着率が低くなってしまうでしょう。

 

豊胸手術に脂肪注入を用いるやり方は、クリニックによって違いが出ることが多いので、実績や経験のあるところを探しましょう。