ボンキュート

乳腺とバストアップの関係

女性のバストは、脂肪が90%、乳腺が10%という構造になっています。

 

乳腺とは、母乳を分泌したり乳頭まで母乳を運ぶ役割を担っている組織です。
胸の筋肉と皮膚の間に存在していて、バストを触るとこりこりとした感触をしています。
触った感触は個人によって異なりますが、生理周期によって硬さが変化することがあります。
また、母乳を与えるために妊娠や出産、授乳期には乳腺のはたらきが活発になって胸が大きくなるという現象が起こります。

 

乳腺が発達する時期というのは、乳腺とつながっている乳腺葉も同時に発達してきます。
乳腺葉が発達・増加すると、脂肪組織がこれを守ろうとして増加していきます。

 

これによって、バストも大きくなっていくのです。
バストには乳腺が発達している乳腺型バストと、乳腺の周りに一定の脂肪がついている脂肪型があり、乳腺型バストの方が乳腺に支えられて垂れにくいという特徴があります。
つまり、脂肪をつけるよりも乳腺を発達させる方法が美しいバストをつくることができるということにつながるのです。

 

この方法は、ダイエットをしながらも胸を大きくしたいという方に人気の方法です。
ダイエットをするとどうしても胸の脂肪が落ちてしまいますからね。

 

胸の脂肪が落ちた分、乳腺を大きくしてバストの大きさを維持する、またはさらに大きくするという方法で理想のボディラインを手に入れられます。
この方法をとりながら、バストアップ効果もありダイエット効果もあるボンキュートを飲めばさらに効果的に憧れボディが手に入りますよ。