ボンキュート

バストアップサプリで血栓のリスクは高くなる?

バストアップサプリにはプエラリア・ミリフィカやホルモン剤の作用を活用して効果を得るものもあります。
確かに女性らしさを作り出すために女性ホルモンは欠かすことができない成分なので、バストアップすることができる可能性が高いといえます。

 

その一方で、効果が高いということはサプリの影響力が高いとは考えられないでしょうか?

 

例えば、ピルを服用すると血栓ができやすくなるといいます。
血栓ができると、脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクが高まるので、定期的な検診が必要とされています。

 

バストアップサプリには植物性の原料が多く使用されていますが、現在のところ重篤な症状などの報告はありませんが、長期的な服用に関するものは分かっていません

 

女性ホルモンに作用する成分を長期的にまたは多量に服用していればピルと同じように血栓のリスクが高まることもあるかもしれません。
そのため、成分の内容を知ると共に、容量や用法は必ず守るようにしましょう

 

ただ、血栓は、女性ホルモンだけが原因ではありません。
喫煙や食生活も大きくかかわってきますので、サプリメントの影響からの血栓リスクより生活習慣を見直すことの方が血栓のリスクを下げることもできます。

 

また、血栓は年齢的な理由もあります。
ボンキュートを飲む10代の女性20代女性なら血管もまだ若いので血栓のリスクを強く意識する必要もありません。

喫煙を取るかバストアップサプリを取るか

30代になると確実に血管が劣化してきます。

血管の劣化は血栓を作る結果になりますので、30代を超えると血栓に注意する必要があります。

 

とは言っても非喫煙者はそこまで過敏に血管劣化を心配する必要はありません。
30代と言えばまだまだ若いですから♪

 

しかし、喫煙者となると話は違います。
タバコの影響で血管はかなり劣化しています

 

そこに、女性ホルモンを摂取するとさらに血栓ができるリスクが高まるのですから、喫煙者のバストアップサプリの服用は、たとえバストアップサプリが植物性の女性ホルモンだとしてもピルほどではないですが、少なからず影響があることを覚悟して喫煙する必要があります。
特にボンキュートのようにプエラリアを豊富に含むサプリには、ピルほどではありませんが、女性ホルモンが含まれていますので、血栓のリスクを高める可能性が0でないことを頭の片隅に置いておいてください。

 

30を超えた女性は喫煙がバストアップか、悩ましい悩みでしょうが、喫煙は美肌にも影響します。
美しい女性、健康的な女性であるために喫煙は足を引っ張るアイテムでしかないことを確認しておきましょう!